WIN11UPD22h2

Windows11 22H2で大幅アップデート可能 要件外には自動アップデートは不可だがアップデート可能

※アフェリエイト広告を利用してます。

Windows11 大型アップデート22H2

Windows11 22h2

Windows11もバージョン22H2になったがシステム要件外のPCに入れた
Windows11には自動アップデートでは22H2は落ちてこない模様

22H2の変更点

・ウィンドウのスナップ機能が強化され、配置方法の追加やMicrosoft Edgeタブを選択出来るようになりました。

※画像 PC WATCHより
・スタートメニューにてアイコンのフォルダ化、右クリックから設定を呼び出せる
 レイアウトの変更、サインインオプションの追加などが出来るようになりました。
・Android用Windowsサブシステムが追加され、Windows上でAndroid用アプリを動作出来るようになりました。
・通知センターで応答不能設定の追加や、Bluetoothアイコンの表示設定追加が出来るようになりました。
・Windowsセキュリティにスマートアプリコントロールが追加され、セキュリティが強化出来るようになりました。
・タスクマネージャーのデザイン変更とプロセスの効率モードが追加されました。

22H2のメリットは特になし

22H2になって特に良くなった印象はないですがセキュリティの問題もあるのでアップデートは必要
システム要件の満たしたPCは問題なくWindowsUpdateから出来ますがシステム要件外に入れたPCにはアップデートは
自動で落ちてきません。アップデートできないわけではなく、システム要件外のWindows10をアップデートした
方法でアップデートが可能


※システム要件外は21H2のまま

システム要件外に入れたPCの22H2へのアップデート

マイクロソフトのサイトよりWindows11のisoファイルをダウンロードして
ファイルに一部変更を加えるだけで動きます。詳しくはこちらを参照のこと

注目
WIN11サポート外
マイクロソフト非公認Windows11(システム要件外Windows10)へ強制アップグレード

システム要件に非対応のパソコンをWindows11へ 要件をスキップしてWin11へアップグレードする条件 非対応のPCでWindows11へ更新する手順を動画紹介 今回はクリーンインストールでなくアップグレード方法を動画で紹介

続きを見る

Windows12でも使用可能なメモリー8GB PC

Surface Pro最上位モデル
このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ