22H2で提供終了

Windows10 メジャーアップデート22H2で終了 サポートは2025年10月まで 23H1は提供なし

2023年11月21日

※アフェリエイト広告を利用してます。

Windows10 メジャーアップデート22H2で終了

22H2

現行の「Windows10 バージョン22H2」がWindows10の最終バージョンになる。マイクロソフトによると
2025年10月14日のサポート終了日まで、Windows10の全エディションについて
月例セキュリティアップデートのリリースをされる。

2025年10月で完全にサポート終了か

Windows12の発売が確実おこなわれればWindows10はサポート終了となるだろう。2025年10月移行は
セキュリティリスクに対してPCが脆弱な状態でWindows10を使うかWIndows11 Windows12へ移行が必須

msg

Windows11 Windows12への移行のネック

Windows11 Windows12への移行のネックはやはりシステム要件の厳しさだろう。
初期、中期のWindows10モデルはほぼアップグレードが不可 ハード自体の買い換えが必要になってくる。

そこで注目されるのはマイクロソフト純正のサーフェス 下記モデルならWindows12でも使用可能だろう

Windows12でも使用可能なメモリー8GB PC
created by Rinker
マイクロソフト
¥162,063 (2024/04/17 11:52:06時点 Amazon調べ-詳細)
Surface Pro最上位モデル
このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ