ソネットさむね1920

so-net ソネット IPv6接続がIPv6プラスへ変更 ホームゲートウェー HGWで接続可能へ

2018年6月23日

※アフェリエイト広告を利用してます。

so-net IPv6開始

so-netのプロパイダを使っているのですが誰に断ることもなくIpv6接続がTransixからIpv6プラスに変更になりました。IPv6プラスの利点はNTTの光電話ルーターで何も設定をすることがなく接続するとこですかね。

ipv6画面表示

Ipv6プラスは設定不要

BIGLOBEやソネットでこれの契約されると設定いらずで商売上がったりですね。ルーターの設定画面がグレーアウトになっていていじれなくなってます。つながっているプロパイダも各社で共通でやっている日本ネットワークイネイブラーってことの施設につながるようですね。これからは設定や特別なルーターのいらないIPv6プラスが主流ですね。

確認君

Ipv6オプションとは

「フレッツ・v6オプション」は、NTT西日本が提供するIPv6接続サービスです。このサービスを利用すると、次世代ネットワーク(NGN)の網内で、お客さま同士がダイレクトに通信できます。具体的には、パソコンなどの機器に付与したIPv6アドレスを利用して、インターネットを経由せずに通信できるようになります。また、NGNの網内での通信では、長いIPv6アドレスの代わりにネームを利用して通信できます。ネームはユニークで、NGNの網内における端末を一意に特定できます。最大で10個のネームを取得できるため、柔軟な通信が可能です。ただし、「インターネット(IPv6 IPoE)接続」のご利用には、本サービスを契約する必要があります。

Ipv6オプションならこのルーターがおすすめ
created by Rinker
ノーブランド品
¥4,580 (2024/07/14 20:40:15時点 Amazon調べ-詳細)
このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ