Windows 11のシステム要件を検証してみる。


Windows 11が年末まで提供されるシステム要件(インストールできる条件)が発表されています。
今までとは一味違いますね。
現状のパソコンでこの要件を満たしているのはほぼ皆無かと思います。
詳しくはこちら


システムの最小要件
・プロセッサ 1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
 これはほとんどのPCは大丈夫でしょうね。
・メモリ 4 GB RAM
 これも大丈夫 windows10でもそうですが4GBではまともに動かないでしょうね。
・ストレージ 64 GB 以上の記憶装置
 このサイズのPCはほぼないので問題なし
・システム ファームウェア UEFI、セキュア ブート対応
 これは結構引っかかるPCはあるでしょうね。もともとwindows 7機だったものはだめでしょうね。
・TPM トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
 これが一番厄介 ほとんどのPCは無理でしょう。TPMも1.2がついているのは
 ありますが2.0はほぼなし
・グラフィックス カード DirectX 12 互換のグラフィックス / WDDM 2.x
・ディスプレイ 9インチ以上、HD解像度 (720p)
・インターネット接続 Windows 11 Home Edition のセットアップには Microsoft のアカウントとインターネット接続が必要です
 この3つはおまけみたいなもので何も問題なし。

biosでなくUEFIとTPM2.0は確実に引っかかるでしょうね。
もう、新規購入しかないのかな?


ここに出てこないとダメなようです。下記の画像はダメな例(笑)

ただ、ここに出てこないからといって100%だかというとUEFI(最近のBIOS)でONになってない可能がありますね。
私のマザーボードにはTPMのチップを取り付けるソケットがありました。もちろんチップはついてませんが(笑)
たぶんこれにそのなんたらチップを装着すれば行けるんですかね?(笑)

関連サイト
https://did2memo.net/2021/06/25/windows-11-tpm-2-0/


このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ!