低スペックのウィンドウズの大型アップデートは死ぬほど時間がかかる?


windows 10のバージョン1909が2021年5月11日でサポートが切れるらしくタスクバーに
アップデートをしろとのメッセージが出るとのお問い合わせがありました。
パソコンを引き上げて作業するのも面倒なのでリモートで20H2にアップデートをすることに・・・
パソコンのスペックはi3のメモリー4GBで通常のハードディスク
まあ、アップデートが進まない・・・インストール中の88%45分以上の停止?
16時から初めてwindows上のインストールが終わったのが21時
そこから再起動がかかり終了が22時

だいたいの人が15分以上、パーセンテージが動かいないと固まっていると思いあきらめ
てやめますが・・・・実際は動いてます。(笑)
たぶん、高スペックのパソコンでも3時間はかかる気がします。

パーセンテージが動かなくても間違いなくインストールは進んでいますので
あきらめずに放置しておきましょう。(笑)

これから2021年5月11日に向けてお問い合わせが増えるんでしょうね。
はっきり言ってあまり受けたくない作業です。(笑)

関連記事
https://note.com/y8mxt/n/neeaea24b62be




このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

(Visited 1 times, 1 visits today)
おすすめ!