定例アップデート

Windows10 Version 22H2 累積更新プログラム KB5035941 修正点と新機能 Sysprepのエラーも修正

2024年3月28日

※アフェリエイト広告を利用してます。

定例のアップデート KB5035941

配布内容

定例のWindowsアップデートでKB5035941が配布された。新機能と不具合が中心の内容 さすがに
すごい新機能は登場はしないがユーティリティー回りの強化が図られている。

KB5035941の概要

新機能の概要は下記の通り

※画像はWindows11

Windowsスポットライトの追加

画像1
※画像はWindows11

ロック画面にBing機能

画像2

新機能! この更新プログラムは、Windowsスポットライトをデスクトップの背景に追加します。
この機能は、デスクトップの壁紙として新しい画像を表示します。 画像の詳細を知りたい場合は
[ 詳細情報 ] ボタンをクリックまたはタップすると、Bing この機能を有効にするには、[ 設定] > [ 個人用設定 ] >[ 背景 ] >[ 背景のカスタマイズ] に移動します。 [ Windows スポットライト] を選択します。

ロック画面にスポーツ、交通、金融のコンテンツが表示

新機能! この更新プログラムにより、ロック画面にさらにコンテンツが追加されます。
天気に加えて、スポーツ、交通、金融のコンテンツが表示されます。
この機能を有効にするには、[ 設定] > [ 個人用設定 ] > [ロック] 画面に移動します。

他の修正点

他の修正点は下記の通り

Windows Hello for Businessの強化

新機能! この更新プログラムは、Windows Hello for Businessに影響します。
IT 管理者は、モバイル デバイス管理 (MDM) を使用して、ユーザーが Entra に参加している
マシンにサインインしたときに表示されるプロンプトをオフにできるようになりました。
これを行うには、"DisablePostLogonProvisioning" ポリシー設定を有効にします。 ユーザーがサ
インインすると、Windows 10デバイスとWindows 11デバイスのプロビジョニングはオフになります。

ヨーロッパ経済地域のタスク バー検索ボックスに検索の強調表示

新機能! この更新プログラムは、ヨーロッパ経済地域のタスク バー検索ボックスに検索の強調表示を追加します。
詳細については、「Windows Search プロバイダー」を参照してください。

各国のサーマータイム (DST) の変更

この更新プログラムは、パレスチナの夏時間 (DST) の変更をサポートします。 詳細については
2024年 2025年のパレスチナ自治政府が発表した DST 変更に関する暫定ガイダンスに関するページを参照してください。
この更新プログラムは、カザフスタンでの DST の変更をサポートします。 詳細については
「 2024 年のカザフスタンのタイム ゾーン変更に関する中間ガイダンス」を参照してください。
この更新プログラムでは、サモアでの DST の変更がサポートされています。
詳細については、「 Samoa DST changes 2021 の中間ガイダンス」を参照してください。

旧トルコ共和国の英語名を変更

この更新プログラムは、旧トルコ共和国の英語名を変更します。 新しい正式な名前はトゥルキエ共和国です。

不具合の修正

この更新プログラムは、COM+ コンポーネントに影響する問題に対処します。 それに依存する一部のアプリケーションは応答を停止します。
この更新プログラムは、一部のアプリと機能の利用を停止する問題に対処します。 これは、Windows 11にアップグレードした後に発生します。
この更新プログラムは、CloudAP のデッドロックの問題に対処します。
これは、異なるユーザーが仮想マシンで同時にサインインしてサインアウトするときに発生します。
この更新プログラムは、ネットワーク リソースに影響する問題に対処します。
リモート デスクトップ セッションからアクセスすることはできません。
これは、リモート資格情報ガード機能を有効にし、クライアントがバージョン 22H2 以降Windows 11されている場合に発生します。
この更新プログラムは、Microsoft Edge に影響する問題に対処します。 Surface Hub (チーム OS) で開けなくなります。
この更新プログラムは、マルウェア対策スキャン インターフェイス (AMSI) AmsiUtil クラスに 影響します。
AMSI スキャンのバイパスを検出するのに役立ちます。 この更新プログラムは、デバイスを脅威にさらす長期的な問題にも対処します。
この更新プログラムは、タイム サービスに影響を与える問題に対処します。 モバイル デバイス管理 (MDM)
または グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を使用して構成できます。 ただし、Windows 設定アプリは、構成した内容と一致しません。
この更新プログラムは、 LoadImage() を使用してトップダウン ビットマップを読み込むときに
発生する問題に対処します。 ビットマップの高さが負の場合、イメージは読み込まれません。関数は NULL を返します。
この更新プログラムは、スキャナーに影響する問題に対処します。 USB 経由で eSCL を使用して接続すると、応答が停止します。
この更新プログラムにより、一部の携帯電話会社の国とオペレーターの設定資産 (COSA) プロファイルが最新の状態になります。
この更新プログラムは、既存の AppLocker 規則コレクションの適用モードに影響する問題に対処します。
ルールがルールのないコレクションとマージされた場合、上書きされません。
これは、適用モードが "未構成" に設定されている場合に発生します。
この更新プログラムは、グループ ポリシー サービスに影響する問題を解決します。
LGPO.exe を使用してシステムに監査ポリシーを適用すると失敗します。
この更新プログラムは信頼性の問題に対処します。 カスタム シェルを使用して開くと仮想リモート アプリ製品に影響します。

KB5035941の適用はWindowsUpdate

KB5035941の適用はWindowsUpdateで自動的におこなわれるのでユーザーは特に意識してダウンロードや
インストール作業をする必要は無い

Windows11へのアップグレードを促すメッセージ

メッセージ

Windows10の時もあったがKB5035941を入れるとログイン時にWindows11へのアップグレードを
促すメッセージが出る。ただしWindows 11の最小システム要件を満たしているデバイスのみ。
メッセージが表示されると、ユーザーはWindows 11 2023 Update(バージョン 23H2)を入手するか
「Windows 10」にとどまるかを選択できる。

Sysprepのエラーのメッセージも修正

シスエラー

Windows10 22H2で起きていたインストール後にシステム準備ツールSysprep.exeを実行すると
0x80073cf2エラーが発生が発生するという問題が報告されていた。
Microsoftは最近、この問題に関するサポートページを更新し、対象のエラーが2024年3月26日以降にリリース
されたプレビューの更新プログラムKB5035941によって解決したことをアナウンス。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ