レガシーUSBにご注意を

Windows10になってシャットダウン時にブルースクリーンになったりWindowsのupdateで大きな更新の後にインストールがうまくいかずブルースクリーンになる場合が結構あります。またwindows7が来年の1月でサポート切れを迎えるためwindows10にアップグレードされる方も多いかと思いますが Windows10のバージョン1809にするとインストールのデバイスの設定の途中で結構ブルースクリーンになることがありますが結構、レガシーUSB(機種によってUSBレガシーというところもある)がWindows10と相性が悪いものが多いことがあります。
レガシーUSBについて詳しくはこちら



レガシーUSBとはBIOSレベル(windowsが立ち上がる前の状態)でもUSBが使えるようにする機能でOSをインストールするために外付けのDVDでDVDから起動させたりする場合に用いるものでWindowsだけでUSBを使う場合はOFF(無効)にしていても影響のないものです。先日もWindows7からWindows10へのアップグレードの際にこの項目をONにしていたらインストールの途中で落ちました。OFFにしてインストールすると問題なくインストールできました。ブルースリーンやWindows10へのアップグレードがうまくいかない方は一度BIOSの設定でレガシーUSBをOFF(無効)してみて再度挑戦してみてください。

関連サイト
https://officeforest.org/wp/2020/03/09/windows10%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81-%E5%BE%A9%E6%B4%BB%E7%89%88/




このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめ!