Windows10になってシャットダウン時にブルースクリーンになったりWindowsのupdateで大きな更新の後にインストールがうまくいかずブルースクリーンになる場合が結構あります。またwindows7が来年の1月でサポート切れを迎えるためwindows10にアップグレードされる方も多いかと思いますが Windows10のバージョン1809にするとインストールのデバイスの設定の途中で結構ブルースクリーンになることがありますが結構、レガシーUSB(機種によってUSBレガシーというところもある)がWindows10と相性が悪いものが多いことがあります。レガシーUSBとはBIOSレベル(windowsが立ち上がる前の状態)でもUSBが使えるようにする機能でOSをインストールするために外付けのDVDでDVDから起動させたりする場合に用いるものでWindowsだけでUSBを使う場合はOFF(無効)にしていても影響のないものです。先日もWindows7からWindows10へのアップグレードの際にこの項目をONにしていたらインストールの途中で落ちました。OFFにしてインストールすると問題なくインストールできました。ブルースリーンやWindows10へのアップグレードがうまくいかない方は一度BIOSの設定でレガシーUSBをOFF(無効)してみて再度挑戦してみてください。

DSC_0015

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

RSS ワタナベ情報システムのブログ

RSS ITサポート@オホーツクのブログ

RSS 青森でパソコンを楽しむのブログ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

プロフィール