更新できず1920

KB5034204でインストール失敗やエクスプローラーがクラッシュするトラブルはKB5034765再インストールで直る

※アフェリエイト広告を利用してます。

KB5034204で不具合発生

kb表示

Windows11向けのプレビューの更新プログラム KB5034204をリリースしたがこの更新プログラムのインストールに
よって複数の不具合が発生している模様。不具合の内容は、更新プログラムのインストールそのものに
失敗するというものから、インストール後にエクスプローラーがクラッシュすると言う内容とのこと

更新プログラムKB5034204の詳細

この更新プログラムで更新される内容は下記の通り
この更新プログラムには、Bluetoothオーディオで音が聞こえなくなる問題
スタートメニューで検索が機能しなくなる問題など全部で23個の既知の問題に対する修正が含まれている。

KB5034204で発生している症状

KB5034204が0x8007000dエラーでインストールできない

このKB5034204において、適用しようとした際に「0x8007000d」エラーが発生してインストールを
継続できない。また、ダウンロードとインストールの試行を繰り返して結果的にインストールが完了しない。

エクスプローラーのクラッシュ等

インストールが成功した場合でも、エクスプローラーのクラッシュやフリーズ
タスクバーのフリーズ、デスクトップアイコンが反応しなくなるなど症状

エッジを開いた後にデスクトップに異変

一部小

なぜかデスクトップのアイコンの一部が小さく表示されるトラブルも

Microsoftでのリリースは一切なし

MicrosoftではまだKB5034204で発生している不具合については一切言及はなし。
原因や対処法は現状ではなし。KB5034204はオプションインストールのため
自動インストールされないのでインストールはまったほうがいいだろう。

インストール済で不具合発生の際

コンパネ

 

アンインス

インストールしている場合コントロールパネルプログラムと機能インストールされた
プログラム
でインストール済みプログラムの一覧からKB5034204をアンインストールすれば
インストール前の状態に戻すことができる。

パッチが配信予定はなしか

マイクロソフトから修正パッチの配信予定は今の所なし。インストールして不具合が出るようであれば
アンインストールするしかないようだ。

セキュリティアップデートKB5034765で修正

マイクロソフトはKB5034204によるエクスプローラクラッシュはKB5034765で修正したとのこと
だったが実際は直らず。

対処方法

エクスプローラの不具合ではKB5034765を一度アンインストールして再インストールすると直るとのこと
KB5034765が1度修正が入っていて最新版のでなっている模様 KB5034765を過去に入れて症状が出る方は
KB5034765のアンインストール→再インストールをすると直るとのこと

マイクロソフトサポートPCなら

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ