サンダー脆弱性1920

フリーメーラーソフト Thunderbird 脆弱性を修正 最新版はv115.9.0 今すぐアップデートを

2024年3月23日

※アフェリエイト広告を利用してます。

脆弱性、不具合が修正

修正版

フリーのメールソフト Thunderbird v115.9.0が3月19日に公開 このバージョンは
脆弱性と不具合を修正したソフトとなっている。

v115.9.0は10カ所修正

深刻度の内訳はMozillaの基準で4段階中2番目に高いhighが6件、3番目に高いmoderateが4件。
・Windows Error Reporterを利用してサンドボックスを回避できてしまうWindows特有の問題
・TLSのハンドシェイクで悪用可能なクラッシュが発生してしまう問題

Thunderbirdはスクリプトが既定で無効化

サンダーバードは初期値はスクリプト無効化になっているので大きな問題にはならないが
早めにアップデートすることをおすすめする。

不具合も修正

修正2

・スレッドやサブスレッドで開かれたメールがIMAPフォルダーで既読とならない問題
・多言語関連の不具合などが修正

アイコン

旧バージョンThunderbird 102.x.xは早めのアップデートを

意外とThunderbird 102.x.xを使っている方がいるがかなり不具合があるので115.9.0へ早めのアップデートが必要

最新バージョンはこちら

マイクロソフト Outlookはこちら
created by Rinker
¥20,589 (2024/04/17 03:58:50時点 楽天市場調べ-詳細)
注目
ウェブ対応1920
Outlook ThunderbirdのメールアプリでOutlook.comに接続できない問題が多発中 2段階認証を有効で解決

メールアプリでOutlook.comに接続できない問題が多発中 Outlook 2016 Outlook for Microsoft 365 Thunderbirdで発生 Outlook2016ではパスワード拒否される 2段階認証を有効にしてアプリパスワードを発行 そのパスワードをメールソフトにセット

続きを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ