BBユニットサムネ

SoftBank光 市販ルーターではIPv6は不可 BBユニット設置とホームゲートウェーのパケットフィルタの設定を

※アフェリエイト広告を利用してます。

IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4

ユニットBB

ソフトバンク光はホームゲートウェーにBBユニットを接続するだけでIPv6の高速通信が可能と歌っているが
実際はホームゲートウェーの設定が必要

ホームゲートウェーの初期状態がオレンジ

初期オレンジ

ホームゲートウェーが初期状態のままBBユニットを接続されている方が多いがこれはダメ
本当のスピードで接続されていない

ホームゲートウェーの設定

まずはパソコンとホームゲートウェーのLANポートをつなぎブラウザより192.168.1.1で
ホームゲートウェーの設定画面にアクセス

パス設定
※SoftBank公式ページより

初期のパスワード設定 特に思いつくものがなければuserで設定する。

設定1
※SoftBank公式ページより

IPv6パケットフィルタよりIPv6ファイアウォール機能の項目が有効の場合は無効に変更
この設定によって、IPv6パケットを通過させ、IPv6インターネットを利用できるようになります。

IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)のエントリがはいっている場合

エントリー
※SoftBank公式ページより

有効/無効のチェックボックスを外し、設定をクリックしてエントリを無効にしてください。

ソフトバンク光はBBユニット以外でIPv6通信は可能か

残念ながらソフトバンク光は市販のルータでのIPv6通信は不可能です。BBユニット
自体はIOデータのOEMなのでIOデータのルーターで接続出来そうな感じですが
接続方法が既存のV6プラス、transixやIPv6オプションと違うため接続不可能です。

BBユニットはレンタルのため月々の料金が発生します。料金を下げたい方は下記の
BIGLOBE光に変更がおすすめです。今ならキャッシュバックキャンペーン中

BBユニット不要でIPv6通信ならBIGLOBE光

BIGLOBE光IPv6対応のルーターはこちら

IPv6とは

インターネットに接続されているすべての機器には、必ず個別の「IPアドレス」
という番号が振り当てられています。それらの機器を特定し、インターネット上に飛び交う様々な
情報を正しく届けるための“送り先住所”がIPアドレスになります。
これまで、このIPアドレスを付与する仕組みはIPv4という接続方式でした。
IPv4は約43億個のアドレスをそれぞの機器に割り当てることができましたが
インターネット利用者の増加や、パソコンだけでなく携帯電話やゲーム機、家電などインターネット
に接続できる機器の増加など、インターネットの発展と同時にIPアドレスの枯渇が問題となっております。
そういった問題を解決すべく開発された仕組みが「IPv6」という新しい接続方式です。
IPv6は、2の128乗、約340澗(340兆の1兆倍の1兆倍)個、ほぼ無限のIPアドレスが使用できるようになります。
IPv6の発展で、新しく便利なサービスが生まれたり、使いやすくなったりすることが期待されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ