Office365さむね

Microsoft365 旧Office365とOfficeの違い Microsoft365のメリットとデメリット

※アフェリエイト広告を利用してます。

サブスクのOffice

Office365画像

プレインストールのパソコンにはすでにOfficeが入っているがこれとは異なる年契約
のOfficeが存在する。以前は月契約も出来たが現在は年契約に変更 Microsoft 365(旧Office365)とはなにか

Microsoft365(旧Office365)の特徴

エクセル365

上記のエクセルはMicrosoft365(旧Office365)である。特にソフト自体は通常のOfficeと同じである。
なにが違うのかというと1番の違いは料金体系の違いだろう。以前はOffice365と言っていましたが
現在はMicrosoft365と言う名称に変更 理由はOfficeにはないMicrosoft Teamsがフル機能で使えるようになったからか

Microsoft365 旧Office365の契約 料金体系

リンク

契約はマイクロソフトアカウントページから可能 トップ画面に購入を促すリンクあり

料金

料金は1ユーザー使用のPersonalで1年間 14,900円 6ユーザー使用可能のFamilyで1年間 21,000円
クレジットカードからの引き落とし可能

Microsoft365のメリット

365ライセンス

契約期間内はアップデート無料

1番は新しいOfficeが出ても契約期間内であればアップデート可能
ただ、通常版Officeと違い立ち上がる際のスプラッシュの表記は365なので現在使っているバージョンが
通常版の2019や2021なのか判別不能 エクセルやワードのバージョンで判別するしかないのだろう。

クラウド版Officeが使用可能

通常のOffice同様ワードやエクセルをマイクロソフトアカウントページからPCにインストール
して使うことが可能だがインストールしなくてもインターネット環境があればクラウド上のOfficeが使用できる。

Microsoft365のデメリット

PCにインストールしたOffice365はある期間オンラインでつないでない状態が続くと
認証の作業が必要になる。毎日のようにオンラインでOfficeを使う方なら問題ないが
外に持ち歩く等でオンライン出来ない期間が長く続くと突然使えなくなるので注意
外出で持ち歩いて使う方が多い人は通常版Officeがベスト

Office365をお得に契約する方法

Offce365購入

最初購入する際は、Amazon等でライセンスを購入するとかなりお安く買える。
現在の価格Personalで13,430円で販売中

Office Professionalの存在

プロ

もう1つのOfficeも存在する。マイクロソフトのオープンライセンスで買うことが
できるProという商品 以前は5ライセンスからの購入しか出来なかったが今は1ライセンスから
の購入可能 通常商品から見るとライセンス契約なので割高 通常のhomeやhome & businessの購入の方がベストだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ