ソフトイーざす

ソフトウェアでSSDにWindowsをクローンする方法 クローンをSSDに最適化可能

※アフェリエイト広告を利用してます。

概要

信頼性の高いOSクローンソフトを使用して、SSDにWindowsをクローンすることは可能です。
このページでは、強力なOS移行・クローン作成ソフト-EaseUS Partition Masterを紹介し
Windows 11/10/8、あるいは古いOSを新しいSSDディスクにクローンすることを成功させるために支援します。

主な内容

1.SSDをセットアップして、Windowsのクローン作成に対応

新しいSSDを準備することは、Windowsを新しいディスクにスムーズにクローンするために必要な手順です。

ステップ1.SSDをPCに正しくインストールする

パソコンのケースを開け、ハードディスクやSSDの接続ケーブルも開けてください。
SSDをPCに接続します。
SATA SSD:SSDをSATAケーブルと電源ケーブルでパソコンに接続します。
M.2/NVMe SSD: SSDをSSDスロットに挿入し、ネジを締めます。

ステップ2.SSDをOSディスクと同じディスクタイプに初期化する

「ディスクの管理」を開き、OSディスクを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
ボリュームを開き、OSディスクのパーティションスタイルがMBRかGPTかを確認します。
「プロパティ」ウィンドウを閉じ、SSDディスクを右クリックし、「ディスクの初期化」を選択します。
SSDのディスクタイプをOSディスクと同じにします。

イメージ1

ステップ3.SSDにシンプルボリュームを作成する

始める前に、ディスクの管理を開けてください。
現在お使いのOSが、ブートボリュームとシステムボリュームと2つのパーティションに
分離しているかどうか確認してください。
「はい」の場合は、未割り当ての領域で右クリックし、SSDの「新規シンプルボリューム」を選択します。
ファイルシステムをNTFSに設定し、新しいドライブレターを取得し
ボリュームをBootパーティションと同じかそれ以上のサイズに設定します。
このプロセスを繰り返して、システムパーティションと同じかそれ以上のサイズの
新しいパーティションをもう1つ作成します。

2.Windows用OSクローンソフトのダウンロード

WindowsをSSDにクローンするタスクを達成するためには、Windowsにはクローンツールがないため
信頼できるOSクローンソフトに助けを求める必要があります。EaseUS Partition Master
ディスククローン機能を備えており、このタスクを実行することができます。

クリックするだけでダウンロードし、PCにインストールすることができます。

そして、WindowsだけをSSDにクローンするか、OSディスク全体をSSDにクローンするか
どのようにSSDにクローンするかを確認する必要があります。

3.EaseUS OS クローンソフトでSSDにWindowsをクローンする

EaseUSのOSクローンソフトを利用して、Windowsを新しいディスクにクローンすることができます。

ガイド1:WindowsのみをSSDにクローンする

OSとシステムボリュームが別々のパーティションである場合、以下のプロセスを2回繰り返す必要があること
に注意してください。これにより、システムパーティションとブートパーティションの両方を
新しいSSDにクローンし、SSDでWindowsが起動できるようにします。

ステップ1.左メニューから「クローン」を選択します。
パーティションのクローン」、「次へ」をクリックします。

ステップ2. ソースパーティションを選択し、「次へ」"をクリックします。

ステップ3. ターゲットパーティションを選択し、「次へ」"をクリックして続行します。

既存のパーティションにクローンを作成する場合、データが上書きされるのを防ぐため
クローン作成前にデータの転送やバックアップを行う必要があります。
警告メッセージを確認し、「はい」を確認します。

ステップ4. 「開始]をクリックし、クローンが完了するのを待ちます。

ガイド2:Windowsのディスクを丸ごとSSDにクローンする

OSディスクのクローン機能を持つEaseUS Partition Masterなら、Windowsディスクの全てを新しいSSD
にクローンすることが可能です。SSDのストレージがOSディスクの使用領域と同等かそれ以上であることを確認すればよい。

1.EaseUS Partition Masterを実行して、メニューで「ディスククローン」を選択します。

2.クローンの操作画面が表示されます。ここで「ディスククローン」(ディスク全体をクローン)
と「パーティショクローン」(パーティションをクローン)があるので、適切なモードを選択します。
そして、クローン元のパーティションまたはディスクとクローン先のパーティションまたはディスクを選択します。

イメージ2

3.クローン先となるディスクまたはパーティション上のすべてのデータが上書きされます
という提示が表示されるので、特に問題がない場合は、「はい」をクリックして先に進みます。

イメージ3

4.「開始」をクリックしてクーロンの作業がはじまります。

イメージ4

4.SSDでWindowsを起動できるようにする

最後に最も重要なのは、新しいSSDでWindowsを起動できるように設定することです。
そのためには、BIOSの設定で、起動ドライブを古いOSディスクから新しいSSDに切り替える必要があります。
ここでは、その方法を説明します:

ステップ1. PCを再起動し、Del/F2/F8キーを押してBIOS設定に入ります。

ステップ2. ブートメニューに移動し、ブートプライオリティセクションに移動し
ブートドライブを旧ディスクから新SSDに切り替えます。

イメージ5

ステップ3. F10を押して変更を保存し、BIOSを終了します。

ステップ4. PCを再起動し、Windowsが起動するのを待ちます。アカウントとパスワードでログインします。

5.まとめ

WindowsをSSDにクローンすることは、一般ユーザー、特にほとんどのWindows初心者にとって何となく複雑です。
EaseUS Partition Masterはいくつかの簡単なクリックでSSDにWindowsをクローンするプロセスを簡素化します。

OSのクローンだけでなく、このソフトを応用して、新しいSSDのディスクスペースを管理したり、古いディスクを消去したり
フォーマットしたりして、他の用途に使用することができます。

購入を検討中の方はこちら


注目
パーティションソフト
パーティション編集ソフト EaseUS Partition Master 統合ソフトに変更で使いやすさUP

パーティション編集するソフト EaseUS Partition Masterはbackupやファイル同期 データ復元等のソフトを統合してsuiteとして登場 購入はソフト単位に可能 必要な機能のみライセンス購入

続きを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ