バックアップWordpress1920

コアサーバー WordPressバックアップ機能はデータベースも保存 ワンクリックでレストア完了

2024年3月23日

※アフェリエイト広告を利用してます。

コアサーバー(coreserver)のWordPressバックアップ機能

さくら

レンタルサーバーで様々なバックアップ機能を用意しているがWordPress単位でバックアップが
出来るのは数少ないだろう。以前、使っていたさくらインターネットはバックアップ&ステージング
いう全体をバックアップするタイプ データベースは別領域にあるのでバックアップ対象とならなかった。

この辺もさくらインターネットからコアサーバーへ引っ越した理由の一つである。

WordPress単位でバックアップ可能

WordPressを複数インストールして運用しているとテスト環境等はバックアップは頻繁にする必要はない。
コアサーバーはWordPress単位にバックアップ頻度を変更できる。

バックアップ設定方法

ツール

コアサーバーのコントロールパネルよりツールを開くとインストールしたWordPressが出てくる。

ツール2

バックアップの設定したいWordPressのスパナマークを押す。


スケ設定

下段にバックアップスケジュールがあるのでお好みで設定 基本は毎日1回設定 バックアップは夜間におこなわれる。

設定変更後に最下部にある全て保存を押し忘れないように

WordPressのレストア

バックアップ前

WordPressのバージョン6.4.3にしたものを6.3.3のバージョンのバックアップを戻してみた。

マイバックアップ

マイ・バックアップより戻したいバージョンのバックアップを探す。(全てのWordpressのバックアップがあるので注意)

対象

レストアしたいバックアップが見つかったら上記のマークをクリック

レス2

上記画面がでるので元の場所にレストア続けるをクリック

rs3
rs2

チェックが入っていない項目があるので全てチェックを(チェックしなくても大丈夫なのかもしれません。)

最後

最後に取り戻すを押すとレストアが開始 WordPressだけなので1分もかからないでレストアが完了します。

戻す

レストア後ログインしてみる

633

問題なくログイン画面も出てログインも可能 バージョンを確認するアップデート前のバージョン6.3.3へ
データベースごとバックアップされているのでバージョンバップのデータベースが変更になっても問題なく戻る。

コアサーバー(coreserver)への変更はこちら
注目
サーバー移転サムネ新
サーバー移転を失敗しない手順を公開 コアサーバー coreserver への移転の場合

サーバーの移転はドメインの登録や認証 サーバー側へのドメインの登録、SSL化で設定は完了 あとはWordPressをインストールしてデータを移すだけに移転が完了する。コアサーバー coreserver の例でご紹介

続きを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ