» 故障のブログ記事

最近、tp-linkのルータの設定ができず、設定サポートを頼まれる方が
急増してます。確かに価格は安く高性能の売りに結構販売数を伸ばしているようです。
ただ、素人には説明書等がきちっとなく、設定するのには多少のスキルが必要のようです。
通常のルータでしたらダブルルータやAPモードだとつなげばつかえるのに
tp-linkの機種は一度設定画面を開いてssidやセキュリティーキーを確定しないと
動作が不安定。また、初期のファームだと結構不具合があるので最新のファームを
あてる必要があります。
設定ではまりたくないなら、設定が比較的不要に近いNECかIOデータのルータに
すると簡単に接続が可能と思います。
もし、tp-linkのルータの動作が不安定な方は最新のファームウエアをあてることを
お勧めします。
もちろん、当方でもやってますのでご自身でできない方はご用命願います。




パソコンやネットワークがおかしいと思った際、ご自身で解決できない場合は
サポートに頼むと思います。お知り合いや日頃おつきあいの業者がある方なら
問題はありませんが、全くつてのない方はインターネット等で調べる方と思います。
悪徳業者を見分けるコツをお教えします。

・ヤフーや各ページに出てくる広告の業者はダメです。
 全国規模で業務委託された作業者が来るため、作業レベルも人によってバラバラ
 たいていが訪問料金、診断料をせしめて終わりってパターンです、
 まずは、電話の際に症状を伝えて概算の料金を聞いてみてください。
 たいていが訪問してみてみないと料金はわからないと答えるでしょう。

・サポートを頼む際は電話やメールで症状を言って概算の金額を確認の上
 訪問をお願いされるとよいかと思います。
 親切な業者は、電話での相談でもきちっと解決方法を教えてくれるものです。

※ ”訪問してみないと” は、ほぼ直らない業者と思ってください。(笑)





 

ハードディスク障害

| 故障 | | コメントはまだありません





お客様でハードディスクが故障また障害を起こし、依頼を受けることがある。

お客さまでもある程度は予測できることがあるので記載しておきたい。

まず、ハードディスクが認識しているかどうかだ。コンピュータでハードディスクドライブ

が認識していて、その対象のドライブを選択するとこのドライブはフォーマットされてませんと

出る場合(※けしてフォーマットしないように)、論理障害の可能性が高い。電気店でうっている

データ復旧ソフトである程度のデータの復旧を見込めることが多い。

まったくコンピュータ上に認識していなく、ハードディスクのある位置からカチカチ音がしたり、まったくハードディスクが回っていない場合、これは物理障害の可能性が高い。

こうなったら、データ復旧会社にデータの復旧を依頼するしかないだろう。ただ、料金はうん十万する。よほど重要なデータでない限り、あきらめて新しいハードディスクに交換し、リカバリーするのが一番お金がかからないだろう。

大事なことは、重要なデータはバックアップすることである。

あと、1点大事なのは、最近のパソコンはリカバリーDVDがついていないので購入時まず最初にリカバリーディスクを作ることが重要。時間は1時間30分程度かかるが1回作っておけば、ハードディスクが故障しても購入時の状態にまでは戻る。これがないとメーカーからうん千円かけて購入が必要である。

地元の小さい良心的な電気店だと、初期セットアップ時、作ってくれているところもある。(当社も作って渡しています。)

もう一度、購入時のものを確認し、リカバリーディスクがあるかどうか確認してみては・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー