» OSのブログ記事

Windows10になってシャットダウン時にブルースクリーンになったりWindowsのupdateで大きな更新の後にインストールがうまくいかずブルースクリーンになる場合が結構あります。またwindows7が来年の1月でサポート切れを迎えるためwindows10にアップグレードされる方も多いかと思いますが Windows10のバージョン1809にするとインストールのデバイスの設定の途中で結構ブルースクリーンになることがありますが結構、レガシーUSB(機種によってUSBレガシーというところもある)がWindows10と相性が悪いものが多いことがあります。レガシーUSBとはBIOSレベル(windowsが立ち上がる前の状態)でもUSBが使えるようにする機能でOSをインストールするために外付けのDVDでDVDから起動させたりする場合に用いるものでWindowsだけでUSBを使う場合はOFF(無効)にしていても影響のないものです。先日もWindows7からWindows10へのアップグレードの際にこの項目をONにしていたらインストールの途中で落ちました。OFFにしてインストールすると問題なくインストールできました。ブルースリーンやWindows10へのアップグレードがうまくいかない方は一度BIOSの設定でレガシーUSBをOFF(無効)してみて再度挑戦してみてください。

DSC_0015

2020 年 1 月 14 日に、Windows 7 のサポートが終了が終了します。
xpの時のように混乱は比較的少ないと思いますがみなさんは対応はいかがでしょうか?
サポート期限ぎりぎりに対応すると業者さんのスケジュールがいっぱいだったり、パソコン
の在庫が切れているなんてことが多々あります。
比較的今の時期ですとPCの在庫や業者さんのスケジュールも空いているかと思います。
チャンスは今かと・・・
windowsのアップグレード(windows8.1 windows10) 新規PCは当店でもご用意可能です。
ご用命のほどよろしくお願いします。

データの保存を何でもマイドキュメントやソフトのデフォルト先に保存されている方が多いかと思います。しかし多くのメーカーのパソコンにはDドライブが用意されます。ほとんどの方がDドライブが空のまま・・・しかもDドライブのディスク容量はCドライブより多くなっている場合が多いです。データの保存を何でもマイドキュメントやソフトのデフォルト先に保存されている方が多いかと思います。しかし多くのメーカーのパソコンにはDドライブが用意されます。ほとんどの方がDドライブが空のまま・・・しかもDドライブのディスク容量はCドライブより多くなっている場合が多いです。 別にマイドキュメント等に保存されてもいいのですがいざパソコンが不調になってリカバリやOSを再インストールする際にデータをいちいち移動やほかの媒体にコピーしなくてもCドライブだけリカバリしたりOSを入れなおすことができデータの移動ミスもなくなります。ぜひお試しあれ

Windows10になってドライバ等でエラーや不具合が出ることが多いようです。
そんな時はデバイスマネージャーよりすべてのドライバを更新すると改善する
ことがございます。
デバイスマネージャーより上部から各デバイスを展開して順番に右クリック
ドライバーの更新→ドライバーソフトウエアの最新版を自動検索で更新して
すべてのドライバーを更新したほうがいいかと・・・
システムデバイスの中にあるわけのわからないドライバーが結構最新のものが
出ていてそれがトラブルの原因になっていることが多いようです。

いろんなソフト等や知らずにダウンロードされたマルウエア等と削除する軽く、常駐しないプログラムないか
探していました。このツールは結構いいです。名前はadwcleanerとソフトです。何がいいかってプログラム
自体が単体で動くのでインストール等する必要がなく、いらなくなったらアイコンを削除するだけ。
使い方はダウンロードしてダウンロードしたアイコンをダブルクリック→スキャン→削除するだけです。気持ち
ですがなんか使用後に再起動して使うと早くなった気が・・(あくまで私の感想です。)

ダウンロード先はこちらです。
あくまでご使用は自己責任なのでご使用の際はご自身の判断で実行してください。ご使用されてトラブル等起こ
りましてもこちらに問い合わせされてもお答えできません。あしからず。

FreeDownloadをクリックして次の画面がでてしばらくしないと黄色のダウンロードのバーが出ませんので決
してその画面のあちこちをクリックせず画面下部にバーがでるまでお待ちください。

ここ最近の話ですが、パソコンの初期設定でOFFICEのアクティベーションのため
シリアルキーを入力し、お客様がすでに持っていたマイクロソフトアカウントでアクティ
ベーションをかけたところ、『ライセンス認証回数が上限に達しているためライセンス認
証を実行できません』とのメッセージでライセンス認証されませんでした。今のところ解決
方法はライセンス認証センターに電話にて認証するしかないようです。私の経験ではマイク
ロソフトアカウントを新規で作成した案件には出たとこがないのですでにマイクロソフト
アカウントで何度かOFFICEのライセンス認証したマイクロソフトアカウントで発生
しているようです。もし上記メッセージが出た場合は抵抗せず、電話にてライセンス認証
を完了するのが早いかと・・・

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/18614/windows-essentials

2017年 1 月 10 日 でメールソフト Windows Live Mail 2012のダウンロードができなくなりました。

無料で使えるメールソフトは今後はメールアプリを使うしかありません。メールアプリは重たく使い勝手

が悪いので 有料のoutlookを使うしかないか・・・今後PCを売る際は、officeは必須かもしれません。

p1

Windows10になってわざわざアクロバット等を購入しなくてもPDFの作成が可能になりました。

p2

設定よりBluetooth、プリンター、マウスを選びプリンターまたはスキャナーを追加するを選択 しばらくするとプリンターが一覧にない場合と出るのでクリック

p3

ローカルプリンターまたはネットワークプリンター手動設定にて追加するを選択

p5ファイルへ出力を選び次へ

p7

マイクロソフトのMicrosoft Print To PDFを選び次へ

これでプリンターの一覧にMicrosoft Print To PDFが追加されてますので各アプリケーションよりPDFにしたいものを印刷することが可能です。普通のプリンターと違い印刷すると保存するファイル名を聞かれますので保存場所、ファイル名を入れて保存すればPDFの完成です。

kousin

windows7で”更新プログラムの確認をしています。”が何時間もかかるときにこのパッチを充てると劇的に進みます。

KB3138612とKB315739を手動でダウンロード & インストールする。

特にKB315739は効果がてき面。2時間も確認していますだったアップデートが15分ほどで次の画面に移りました。

グーグルフォト

| OS | | コメントはまだありません

グーグルフォト

今まであまりスマホのカメラを利用したことがなく、ほとんど写真、動画の機能は死んでいました。
こないだお客様に新しいスマホのご説明中以前のスマホに入った写真は移動できないのかって話になりグーグルフォトを
真剣に研究してみるとこれが結構使える仕組みだとわかりました。
まず、撮った写真が自動でグーグルアカウントに保存可能。適切なファイルサイズに変換されます。
もちろん、パソコンでグーグルフォトにアクセスするとPC上からも閲覧、写真のダウンロードが可能。
おまけにグーグルフォトのフォルダに保存されるのでスマホの容量も気にすることなく保存できます。
マイクロソフトアカウントよりグーグルアカウントのほうが色々機能が充実している気が私的にはします。

RSS ワタナベ情報システムのブログ

RSS ITサポート@オホーツクのブログ

RSS 青森でパソコンを楽しむのブログ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

プロフィール