サイトヘルスエラー解除

永続オブジェクトキャッシュを使用してください 解決方法はわかったがこれでいいのか

2022年11月7日

※アフェリエイト広告を利用してます。

サイトヘルス画面の永続オブジェクトキャッシュを使用してくださいの表示

前のブログでWordPress6.1になってからサイトヘルス画面に
「永続オブジェクトキャッシュを使用してください」とエラー
メッセージが出るようになりました。解決方法はわかったのですが

サイト1

このメッセージが出ていろいろ解決方法を探ったのですがパフォーマンスのところに
永続オブジェクトキャッシュについてさらに詳しく。 をクリックして
解決方法を見ると

サイト2

このような記述がありますね。どうやらキャッシュを消すプラグインの導入を
求めているようです。当方はすでに【WP Fastest Cache】のプラグインが入っているのですが
試しに推奨している【Redis Object Cache】のプラグインを入れてみることに

サイト3

一様、有効化して動作させると該当のエラーは消えましたが【Jetpack】のプラグインと
衝突しているようですね。

サイト4

キャッシュのプラグインを2つ入れるのも気持ち悪いので【Redis Object Cache】を
削除して運用することにしました。まあ、あの押し売りメッセージが出ていても
体勢に影響はないみたいですね。

対処方法

Redis Object Cacheを入れるとテーマやphpのバージョンによってエラーが出るとのこと
気持ち悪いですが放置が正解です。

永続オブジェクトキャッシュとは

永続オブジェクトキャッシュ(Persistent Object Cache)は、コンピュータシステムやソフト
ウェアアプリケーションにおいて、データやオブジェクトの永続性を維持しながら高速アクセスを
提供するための仕組みです。これは一般的に、メモリ内キャッシュとディスク上の永続ストレージを組み合わせて実現されます。

主な特徴や機能には以下が含まれます。

高速アクセス
メモリ内に保持されるオブジェクトやデータは、ディスクよりも高速にアクセスできます。
これにより、アプリケーションの性能が向上します。

永続性
永続オブジェクトキャッシュは、データをメモリ内に一時的に保持するだけでなく
必要に応じてデータを永続ストレージに書き戻すこともできます。これにより
データがアプリケーションの再起動やシステムの再起動後も失われず、永続的に保存されます。

データ整合性
永続オブジェクトキャッシュは、メモリ内と永続ストレージのデータを一貫性を保ちながら管理します。
これにより、データの整合性が維持されます。

ストレージの負荷軽減
頻繁にアクセスされるデータはメモリ内にキャッシュされ、ディスクへのアクセスが減少するため
永続ストレージの負荷が軽減されます。
永続オブジェクトキャッシュは、データベースシステム、ウェブアプリケーション
分散システムなど、さまざまなコンテキストで使用されます。これにより、データへの高速かつ
持続的なアクセスが実現され、システムのパフォーマンスや効率が向上します。

注目
サイトキャッシュサムネ
WordPressバージョンアップ サイトヘルスに永続オブジェクトキャッシュを使用してくださいとメッセージが

サイトヘルスに「永続オブジェクトキャッシュを使用してください」とメッセージがWordPress6.1へバージョンアップ後出る その原因と対策は

続きを見る

注目
フォントサイズ
固定ページ、投稿ページで任意の文字の大きさを変える方法 プラグインなんて必要なし?(WordPress)

固定ページ、投稿ページで任意の文字の大きさを変えるのはCSSを書き換えたり、プラグインが必要だがそのようなことをしなくても簡単に変更可能

続きを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ