最近、windows10へのアップグレードした機種の無線LANの接続が切れる症状をよく見かけます。
症状は立ち上げると無線LANに接続に行かない。スリープモード後に再接続に行かないという
症状が多数。
原因はその入っている内臓無線LANがwindows10のドライバ対象外の場合がほとんどです。
一例として多いのはIntel Wireless WiFi Link 4965AGかIntel Wireless WiFi Link 4965AGN
の内臓無線LANです。こちらwindows10のドライバが提供されてませんのでこの症状が多発します。
設定等を変えても症状は若干緩和しますが完全になおりません。
対処方法は、windows10対応の外付けのUSBの無線LANの子機をつけるのがベストです。

ノートPCでwindows7からwindows10にされた方で無線の不具合が出る方はデバイスマネージャー
からお使いの内臓無線LANがなにか調べるといいかと思います。上記の内臓無線LANのモデルの
可能性があります。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

RSS ワタナベ情報システムのブログ

RSS ITサポート@オホーツクのブログ

RSS 青森でパソコンを楽しむのブログ

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

プロフィール