» 最新技術のブログ記事

ついにソネットのIPV6の手続きが終わりIPv6 IPoE DS-Lite方式へ切り替えてみました。

PPPOEの結果は


そしてIPv6 IPoE DS-Lite方式へ切り替え

効果はあるようです。
たぶんこの方式が広がっていけば結局transixってところ混みだしておそくなるのでしょうね。
また、いつtransixが有料になるかもわかりませんし(笑)
しばらくはこの迂回路で運用してみます。

最近、動画等の閲覧によってネット環境が混雑してます。
特にゴールデンタイム 18時から22時はひどい
”PC→ルータ→NTT地域網→プロパイダ→インターネット” の接続でどこが混んでいるかというと
NTT→プロパイダのところの混雑がひどい。プロパイダがNTTに回線の施設の増設を
依頼しても却下されて混雑に拍車がかかっているようです。
そこでなにか解決方法はないかと調べましたらこの混雑しているところを通らずIPV6で迂回する
方法がございました。 DS-LITE方式です。通常IPV6は今主流のIPV4サイトは使えません。
そこでIPV6の中にIPV4をカプセル化して通してIPV4も使えるようにした仕組みのようです。
私の理解力なのでもしかしたら間違っているかもしれません(笑)
ただ、これに対応したプロパイダとルータが必要となります。
まだ、DS-LITE対応のプロパイダは非公式も含め数社 大手では非公式ながらSO-NETが対応
しているようです。非公式なのでカスタマーサポートにDS-LITEの質問をしても答えてくれませんが
当方もこのほどSO-NETに入ったので手続き中です。前のプロパイダのIPV6が残っているため
こちらの解約待ち。ルータは結構高額のルータの多い中 IOデータの一見ショボそうなルータが対応
していて購入しました。まだ、当方の環境で動いてないのでどうこう言えませんがいろんなサイトで
DS-LITE方式等で検索すると効果は高いようです。
http://www.mfeed.ad.jp/transix/ds-lite/ 設定方法はこちら
興味ある方はご覧ください。

当環境で動き出しましたら再度レポートしたいと思います。

ひさびさ更新を(笑)

いまでこそ、誰でも繋げる無線LANとしてAOSSによる接続が増えてきましたが初期のころは

ひどかったですね。1台接続して2台目つなぐと1台目の接続がつながらなかったり・・・・・

それ以来、AOSSによる接続を私は1度もやったことありません。

おかげで無線LANの暗号化、セキュリティ方法の理解が早まりました。

ゲーム機等でもAOSS使えるようですが、どうなんでしょうね。

AOSSの先駆者の某社もAOSSは進化しているようですが、初期のSSID、セキュリティキーの紙がはいっていますね。結局、手動接続推奨ってことでしょうかね。

フェムトセル

| 最新技術 | | コメントはまだありません

はじめてこの言葉を聞く人もいると思いますが、携帯の小型無線基地のこと

携帯の電波の届かない地下街や近くに携帯のアンテナがなく電波が届きずらい

地区に最高のものです。

接続方法は既存のインターネット回線(フレッツ光、ADSLの回線)にモデム程度の

大きさのものをLAN接続するだけ 届く範囲は狭いですが大幅に電波の改善が図れます。

携帯大手3社すでに実施済みで無料にて(設定は一部有料)おこなっておりありがたいかぎりです。地下の飲食店など人の集まる方でお客さんの不満が出ている方はいかがでしょうか?

RSS ワタナベ情報システムのブログ

RSS ITサポート@オホーツクのブログ

RSS 青森でパソコンを楽しむのブログ

カレンダー

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

プロフィール