最近、windows10へのアップグレードした機種の無線LANの接続が切れる症状をよく見かけます。
症状は立ち上げると無線LANに接続に行かない。スリープモード後に再接続に行かないという
症状が多数。
原因はその入っている内臓無線LANがwindows10のドライバ対象外の場合がほとんどです。
一例として多いのはIntel Wireless WiFi Link 4965AGかIntel Wireless WiFi Link 4965AGN
の内臓無線LANです。こちらwindows10のドライバが提供されてませんのでこの症状が多発します。
設定等を変えても症状は若干緩和しますが完全になおりません。
対処方法は、windows10対応の外付けのUSBの無線LANの子機をつけるのがベストです。

ノートPCでwindows7からwindows10にされた方で無線の不具合が出る方はデバイスマネージャー
からお使いの内臓無線LANがなにか調べるといいかと思います。上記の内臓無線LANのモデルの
可能性があります。

windows10になって様々なトラブルが報告されてます。
ネットワークを見ると他のPCは表示されているのに自分のPCが表示されない
ほかのPCからネットワークを見るときちっとそのPCから見えているので
特に問題はないのですがこれの修正方法は

「コントロールパネル」→ 「プログラムと機能」→「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択します。
一覧から「SMB 1.0/CIFS共有のサポート」が無効になっている場合は、有効にして再起動を実施して下さい。

上記の手順でも回避できない場合は、
「コントロールパネル」→「管理ツール」より以下の「サービス」を「自動」に設定して下さい。
Function Discovery Provider Host
Function Discovery resource Publication

そして再起動後に自分のPCがネットワークに現れると思います。

最近のバッファローの無線ルータの不具合がよく報告されています。
現状では直らないようです。
わたしが使っていたルータはWXR-1900DHP3を使っていたのですが
夜に電源落とし朝つけると2.4gの無線が飛んでない。
何度か入れなおすと直ります。
DHP2の時も同様の症状があったのでDHP3を購入したのですが・・
バッファローのサポートにこのような症状があるのでどうすればいいか
と出したところ無線のチャンネルを自動から固定に切り替えると改善する
とのことですがだめでした。
あと、電源をOFFしなくても無線の電波が出してない状況なる症状も
サポートに行っていて報告されてます。

結局私はバッファローのルータを捨て、他社のに交換し安定して使っております。
バッファロールータを購入の方は今一度検討を・・・

今後、富良野市の案件はエリア外としてご訪問できませんので
宜しくお願います。
他の市、町でも富良野市に関係する方、及び富良野市にかかわる団体
への訪問も致しません。
上富良野町、中富良野町はご訪問致します。

距離等との問題でなく当方の主義、主張に反する町ので
ご訪問することはできませんので宜しくお願います。

Do not buy the Furano of goods

たまにお客様でWIFIの電波の受信を良くしようと同一ネットワーク内に1階と2階で同じメーカーの
無線ルータ設置されている方がいます。間違いなくネットワークがかたまりますのでやめましょう。
両方のルータをアクセスポイントモード(ブリッジモード)にしてもネットワークが固まります。
NTTのルータのアドレスが192.168.1.1とします。設置する2台の無線ルータをアクセスポイント
モードにしても例えばエレコムさんであれば192.168.2.1が2台存在するのでトラブります。
こういう場合はどちらか1台のエレコムのルータのIPアドレスを192.169.2.2とずらしてやることで
うまく機能するかと思います。
今の無線ルータは性能がいいので1台でほぼカバーできるかと思います。
2台設置の場合はご注意ください。

作業代金のクレジット決済始めました。
始めるにあたってカード代行決済会社にお申込み
個人事業主に利用しやすい ”スクエア” を利用することに・・・
手数料が3%から4%の範囲で比較的安くお申込みの審査も早い
何がいいかと言うとカードナンバーを手入力以外にスマホでICカード
リーダー対応のカードリーダーが使えることです。
カードリーダーを使えば手入力より若干ですが手数料が安くなってます。
まあ、一番いいのは現金決済がいいのですが(笑)

気になる方はこちらへ


so-netのプロパイダを使っているのですが誰に断ることもなくIPV6のオプション
がTRANSIXからIPV6プラスに変更になりました。
IPV6プラスの利点はNTTの光電話ルータで何も設定をすることがなく
接続するとこですかね。
BIGLOBEやソネットでこれの契約されると設定いらずで商売上がったりですね。
ルータの設定画面がグレーアウトになっていていじれなくなってます。
つながっているプロパイダも各社で共通でやっている日本ネットワークイネイブラー
ってことの施設につながるようですね。(2枚目)
これからは設定や特別なルータのいらないIPV6プラスが主流ですね。

VPN構築

| サーバ | | コメントはまだありません

この度、ある旭川の企業様のご依頼でほかの都市にある営業所をVPNで接続させていただきました。
本社(旭川)のWIN10のPCの共有フォルダへ営業所からアクセス可能に・・・格安でとのこと
でVPNルータ(ヤマハ製)を中古で用意し、固定IPをとらずにダイナミックDNSを使用しました。
確実なのは固定IPを使用するのがいいのですが・・・
ひと昔前ですと、会社別に専用線を用意しなくてはいけなかったのですが、今は既存のNTTのフレッツ
にVPNルータを拠点に用意すれば簡単にインターネット上に拠点間にトンネルを作ることが可能です。

このような特殊案件も対応可能です。まずはご相談を・・・

Windows10になってドライバ等でエラーや不具合が出ることが多いようです。
そんな時はデバイスマネージャーよりすべてのドライバを更新すると改善する
ことがございます。
デバイスマネージャーより上部から各デバイスを展開して順番に右クリック
ドライバーの更新→ドライバーソフトウエアの最新版を自動検索で更新して
すべてのドライバーを更新したほうがいいかと・・・
システムデバイスの中にあるわけのわからないドライバーが結構最新のものが
出ていてそれがトラブルの原因になっていることが多いようです。

プロパイダの混雑によりいろいろ試行錯誤しましたがPPPOEからDS-LITE方式に
切り替えて夜や休日の混雑時間でも20Mbpsを切ることはなくなりストレスなく使って
おります。ただ、私の使っているプロパイダはDS-LITE方式は正式にサポートしていない
ので何かあっても自己責任(笑)
インターリンクのフレッツ接続 ZOOT NATIVEがDS-LITE方式を完全対応の
ようです。月々の料金は若干お高めで税抜き2,000円でクレジットカードがあればオンサイト
サインアップで30分程度でプロパイダ契約が可能です。さらに2か月間無料期間がありその
時期にやめるのも違約金なしだそうです。契約結ぶ前にDS-LITE対応のルータ購入して
それから契約すればスムーズかと・・・ルータもIOデータであれば量販店で7,000円弱
で購入可能です。

RSS ワタナベ情報システムのブログ

RSS ITサポート@オホーツクのブログ

RSS 青森でパソコンを楽しむのブログ

カレンダー

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

プロフィール